反日の自滅/偽名で生きる偽りの人生 [日本の中の韓国]

大津の中2自殺事件が、大人社会の醜態を浮き彫りにしている。

喧嘩や戯れなら、程々という手加減が出来る、ということも強さの要件である。
  しかし、この一件は、加害者の残虐性が際立っている。
  背後に居る大人達の傲慢さも、前代未聞の酷さである。

日本社会の常識を踏みにじるほどの、少年と大人達の振る舞いに、
日本人は驚愕しているのである。

  子供は、教育によって人間としての常識を獲得してゆく。
    親や教師が、日々、小さなことを教え重ねてゆくのが、育てる、ということだ。
    悪いことをしても放置する、というのでは、歪んだ育ち方をするのは当然だ。

日本の社会では、悪いことをすれば、一生、その責めを負って生きることになる。
  傷ついた名前で生きて行かねばならない。
  名前を汚さないように、正しく生きる・・・・それが、信用につながる。
信用を築くには長い年月が必要だが、信用を失うのは一瞬である。
その恐ろしさを自覚しているからこそ、自分を制御する力が常に働いているのである。


ところが、今回のこの事件。
加害者少年たちが、いとも簡単に名前を変えて、転校して、なんて伝えられている。

日本、いや、世界中で、自分の名前を、次々に使い捨てにするのは彼等だけである。
人類の当たり前の水準を、勝手に逸脱して、水準以下のレベルで生きているのだ。

    自分が自分であるという自覚、アイデンティティの確立とは無縁である。
    自分という自覚がないから、自分以外の他者、という関係性も築けない。

自分自身との付き合い方が分からない。
  昨日の自分と今日の自分、そして明日の自分を、一貫した自分自身として認識できない。
  自分自身の歴史に対して、自分の今日に責任を持つ、ということが認識できない。

自分以外の他者との付き合い方が分からない。
  他者を理解するとか、尊重するなんて、想像もできない。
  相手を傷つけても、自分の欲望を押し通すのが、人生の勝者だと勘違いしている。

  大津事件の加害者の親は、まさしく、この勘違いの見本、と言える。


名前を使い捨てにする人間は、自分自身を使い捨てにする生き方しか出来はしない。

  我が子の名前を使い捨てにして、我が子の人生を使い捨てにする親。

  自分の人生を、自分自信の生きた歴史を、何処までも大切に守り抜く。
  そういう、本当の意味で自分を大切にする生き方を教えることに失敗している。

まあ、親自身が、
      欲望を押し通すのが勝ちだと勘違いし、
      上辺だけのゴマすりに取り囲まれて有頂天になっている。

      自分自身と向き合うことを恐れ、我が子と向き合うことを恐れ、
      自分の人生を使い捨てにして、我が子の人生を使い捨てにする。

  その内に、我が子に向かって、お前のせいで・・・・、と罵声を浴びせることだろう。

    自分の欲望を押し通す、という道筋に邪魔をした、という怒りである。


名前を使い捨てにするのを止めて、たった一つの本名で堂々と生きてみろ!

  これが、大津の事件に対する、日本人の憤りの深い気持である。

自分の名前を守り抜けない人間に、人としての良心は存在しない、と言うことである。

コメント(0)  トラックバック(0) 

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0