精神の独立、人の道の考察を始めよう [ご案内]

東北大震災を機に、原発や政府の在り方を見つめてみた。
ブログ《Mity想記》に綴っていった。
  これが、メインのブログである。

見えてきたのは、
  政・官・財の上に、学会とメディアが欲ボケしている状態た。
さらに、
  菅直人も野田佳彦も日本人に背を向けている。

これは何なんだろう、と事実確認を始めた。
ブログ《折々情報》に、気になる情報を集めて行った。

  昨夏のフジデモ、花王不買に端を発した反韓運動。
  それまで、まるで知らなかった日本の状況。
  生活保護も大津いじめ自殺問題も、背景は「韓」・・・・かも。

そんな時、
オリンピックでの度重なる見苦しい態度。・・・・ああ、やっぱり。
竹島上陸の大統領が、天皇にまで言及し、狂いだした。
    韓国を文化的に検証してみる時期に来た。

そこで、今度は、人としての筋道を考えてみる。
日本人が大切にしてきた、DNAに培い伝えてきた人の道(人道)である。
私たちの筋を再確認することによって、
その道を土足で踏み躙る行為の醜さが鮮明に浮かび上がることだろう。
それが、このブログ《精神の独立》である。

  大津の自殺事件から、在日と言われる人たちのことを書いてみた。
  一国の文化水準に関わることだから、慎重に、だけど書き記しておこう、と。

  しかし、前述のとおり、お盆の間に韓国は驚くべき姿を見せた。

  文化を、精神の発達程度に照らし合わせて考えてみる。
  そういう作業が必要なのだろう。
  日々の出来事とは少し離れた位置で、丁寧に考えてみようと思う。


なお、これら以外に、
ブログ《働くということ》は、
  メインのブログを書く中で、「仕事」に関する記事を纏めて一つのブログにしたもの。
ブログ《日本の使命》は、
  大震災をはじめ、数々の災難にも平静さを失わず立ち上がる日本人に、
  これからの世界を導いてゆく可能性と、時代の要請を感じて始めたもの。
    日々の思考ではなく、考えに考え抜いて到達した記事だけを残す。
    従って、記事数は多くはないし、どの様に展開するかは・・・・。

そんなこんなで、
  このお盆が、日本にとっても世界にとっても、一つの節目だと思うのである。

タグ:人の道
コメント(0)  トラックバック(0) 

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0