タイヴィン虐殺 [韓国の実態]

タイヴィン虐殺        参照: Wikipedia

タイヴィン虐殺(タイヴィンぎゃくさつ、英語: Tay Vinh massacre)とは、ベトナム戦争時の1966年1月23日から2月26日にかけてベトナムビンディン省で韓国軍が市民1,200人を虐殺した事件のこと[1]。


概要 [編集]

1966年1月23日-2月26日にかけて韓国陸軍首都機械化歩兵師団(英語版)(猛虎部隊)は南ベトナムビンディン省タイソン県(ベトナム語版)タイヴィン村の15集落の村民1,200人を虐殺した[1]。2月26日には同部隊は併行してビンアン村の住民380人を虐殺した(ゴダイの虐殺)[1]。

タグ:虐殺
コメント(0)  トラックバック(0) 

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0