試し腹、父親?が娘を試す風習 [韓国の実態]

試し腹

    参照: 《折々情報》 韓国の性犯罪、日本が禁止「試し腹」

・・・・ 上記の記事の一部引用 ・・・・

朝鮮半島で行われていたもので、父親が結婚前の自分の娘に対し、
妊娠の可・否を調べる為に性行為をする事を云う。

大韓帝国の時代まであった風習だが、日韓併合後に直ちに禁止にされた。


「女は子を産む道具でしかない」朝鮮では
道具(女)が不良品(不妊症等)であってはならない。

故に、『これこの通り、妊娠できる体でございます』ということを証明するために、
「種男」という男に娘を犯させ、妊娠した状態で輿入れさせる。


これを「試し腹」と言います。
産まれてくる子供は、当然夫の血を引いていないため、
妻と同じ奴隷的な身分しかなく、
結婚はおろか大人になるまで成長する者も稀だったと言われています。

自分の娘を血縁の近い男(兄や叔父)に妊娠させて、
妊娠できる女と証明させて嫁がせる儒教思想が暴走した悪しき習慣だそうです。

日帝が禁止した朝鮮時代の悪しき風習だそうです。

    ・・・・ 引用 ここまで ・・・



性犯罪が多発している国、「慰安婦」捏造の深層心理、
  この風習の存在を知って、民族の習わし、というものの根深さを痛感した。

  大日本帝国が、併合して即刻、禁止したのは当然だが、
  社会の風習というものは、政治的な禁止令ですぐに無くなるわけではない。


父親が娘を妊娠させていたら、その子は、どんな戸籍になるのだろうか。
  実の母親は、父親の娘だから、母親とは姉弟/姉妹の関係になる
  実の父親は、母親の父だから、父親とは祖父と孫の関係になる。

           ええぇ~~?  日本人には理解不能。

父親ではなくて周囲の男性だとしても
近親者の子を宿して嫁いでこられたら、そりゃぁ、嫁を迎え入れることは出来ない。

  どちらにしても、戸籍が成立しない ・・・・ これが、夫婦別姓の本質。


家の苗字、「氏」を継ぐ、ということが民族の常識である日本。

  その日本に居住しながら、夫婦別姓に拘り、通名でしか生きられないのは、
  性風俗の問題点を、民族レベルで改修できなかった結果である。

     他の国からの外国人は、日本の風習を否定したりはしない。
         人類としての常識だからである。


近代国家を名乗りたかったら、先ず、性犯罪の多さに取り組むことである。
    なぜ、性犯罪に走るのか、客観的に検証・・・・
            それが問題なんだ、なぁ。
客観的に、事実を在りのままに直視する、ってことが出来ないのだから。

  ベトナムでの「ライタイハン」を、恥じることもできないのだから。

  見たくない事実は隠す・・・・何時まで、それが通用するか。


Wikipedia から、「試し腹」の記載を削除しても、歴史の記載は消えはしない。
    日本人の多くが、こんな風習が在ったのだ、と知ってしまった。
        そして、成る程、と現在の姿に納得したのである。

一方的な言い掛かりを付けてくる相手に対して、
  相手を知るために、歴史を学びだした日本人は多い。
    この、「試し腹」 も重要なキーワードとして理解に役立つ。

  本当のことを知りたい、・・・・ そう考えた時の日本人の力を軽視しないことだ。

タグ:試し腹
コメント(0)  トラックバック(0) 

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0